剣も乗馬も苦手でいつも本ばかり読んでいる軍人のレジス・オーリック。
 彼は、とある戦が敗戦した責任を負わされ、 北の辺境の地へ左遷されてしまうが、
 そこで美しい赤髪紅瞳を持つ少女“アルティーナ”と出会う……。
第22話
最新話[第22話]を読む
第1話
[第1話]を読む
第2話
[第2話]を読む

©2012 Yukiya Murasaki・himesuz ©2017 Aomine Tsubasa・Kagimushi

作者紹介

  • 青峰翼・鉤虫
    漫画:青峰翼・鉤虫

    青峰翼=作画担当
    鉤虫=構成担当

  • むらさきゆきや
    原作・シリーズ構成:むらさきゆきや

    『覇剣の皇姫アルティーナ』(ファミ通文庫)、『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』(講談社ラノベ文庫)などを執筆。

  • himesuz
    キャラクター原案:himesuz

    『覇剣の皇姫アルティーナ』(ファミ通文庫)、『異世界魔法は遅れてる!』(オーバーラップ文庫)、『ソード・ドラゴン・ソード』(HJ文庫)などの挿絵を担当。

応援メッセージを送ろう! (300文字まで)
※お送り頂いたメッセージは本サイト内に掲載させて頂く場合がございます
お名前

応援メッセージ

ロード中

キャラクター紹介

  • レジス・オーリック
    レジス・オーリック

    読書狂の文官。その読書量からくる豊富な知識で「軍師」として活躍。
     士官学校時代から弓や剣はおろか乗馬もろくにできない運動音痴。

  • マリー・カトル・アルジェンティーナ・ドゥ・ベルガリア
    マリー・カトル・アルジェンティーナ・ドゥ・ベルガリア

    ベルガリア帝国第四皇姫。愛称はアルティーナ。
     皇帝の圧政に苦しむ市民のため、皇帝になるべく立ち上がる。

  • クラリス
    クラリス

    アルティーナが物心ついたときから一緒にいるメイド。
    普段は無口だが、気に入った人には冗談ばかり言う変わり者。

  • ジェローム・ジャン・ドゥ・バイルシュミット
    ジェローム・ジャン・ドゥ・バイルシュミット

    名高い猛将だったが、戦功を妬まれて辺境へと追いやらる。
    それ以来、飲酒・賭博と荒れていたが、アルティーナとの決闘により――。

  • エヴラール・ドゥ・ブランシャール
    エヴラール・ドゥ・ブランシャール

    アルティーナを“女神”と称する。
    元気なマッチョおじいさん。レジスの考えに理解がある。

  • エリック・ミカエル・ドゥ・ブランシャール
    エリック・ミカエル・ドゥ・ブランシャール

    ベルガリア帝国騎士でエヴラールの孫。
    レジスの采配に感銘を受け、レジスのいる辺境部隊への配属を志願。

単行本

覇剣の皇姫アルティーナ(1)
覇剣の皇姫アルティーナ(2)
覇剣の皇姫アルティーナ(3)

[ 覇剣の皇姫アルティーナ ]関連記事

  • 新着順
  • 人気順
ロード中
記事がありません

その他の記事

  • 新着順
  • 人気順
ロード中
記事がありません

おすすめコミック