【ニコニコ自作ゲームフェス2018コミッククリア賞】『ロンリィセカイ《論理異世界》』を制作したmomoyama氏にインタビューを敢行!

掲載日時 2018/04/15 12:00

『ロンリィセカイ《論理異世界》』を制作した
momoyama氏に制作秘話を聞く!

 ニコニコ自作ゲームフェス2018にてコミッククリア賞に輝いた討論ミステリーADV『ロンリィセカイ《論理異世界》』を制作したmomoyama氏にインタビューを敢行!

『ロンリィセカイ《論理異世界》』制作者
momoyama


『ロンリィセカイ《論理異世界》』のプレーはこちらから!

自分が好きだから
新しい討論ゲームを作った

――まず、本作を作ろうとしたきっかけを教えてください。
 このジャンルを選んだきっかけは「新しい討論ゲームが欲しい」と思ったからです。自分は討論ミステリー形式のゲームが大好きだったので、フリーゲームでもこういう形式の物を見て見たい……と思っていました。しかしフリーゲーム界隈では最近になるまでその形式のゲームがとても少なかったですし、ストーリーの方向性が自分好みの物もあまり見つかりませんでした。なので「だったら自分の好きな討論ゲームを作ってしまおう」と思い至り、いくつかプロットを書き始めたのです。

 そんな中、RPGアツマールさんでデスゲームの流行の兆しが見え始めました。その頃にちょうどデスゲームに関するよい展開を思いついたので「今出せば、流行を後押しできる! あわよくば討論ミステリーが増えるきっかけになる!」と勢づきました。そしてその勢いで突っ走った結果、『ロンリィセカイ』が出来上がった、というわけです。

――作品全体のコンセプトというのは?

 とにかく"ホラー要素以外で驚かせること第一"でした。推理ゲームで大事なのはプレイヤーを「あっ!」と言わせることですので、討論ミステリーをやりこんだ人も楽しませる事一心で、予想外の展開をできる限り配置してストーリーを作りました。初めての人もゲーマーも全員が推理ゲーム特有の驚きを感じてくれればいいな、と思っております。

▲ゲームの構成上、誰かが殺されることはわかってプレイしているにもかかわらず、思わず唸ってしまった第一の殺人。

『ロンリィセカイ《論理異世界》』のプレーはこちらから!

制作は試行錯誤の連続
でも納得の仕上がりに

――制作にかかった期間はどのくらいでしょうか?
 以前から異世界討論の構想自体は考えておりましたが、本格的に作った期間は4ヶ月程度です。配分としてはプロット2ヶ月、ゲーム本体2ヶ月……といったところでしょうか。ただ、本体制作時期でも細かくストーリーの流れを入れ替えるなどの作業は行っていましたので、きっちりとした配分は分かりません。

――それは当初の構想どおりに進んだのでしょうか?

 ストーリー構想は途中途中で手こずりました。今回のストーリーは最初の被害者だけ決めて少しずつトリックを継ぎ足していく形式だったのですが、細かなトリックの継ぎ足し、足しすぎたトリックの排除、流れをシンプルにするために話の順番自体変える……などの作業も多々あり大変でした。

 プロローグの推理パートも、「一章の推理パートまで行くのが長すぎるっ!」と気づいて急遽入れたものだったりします。ですが一応、予定した期間内で納得がいく作品には仕上がれたとは思っています。

▲本作のプロローグはチュートリアル的な意味合いも。作品の世界に触れつつ、推理パートの醍醐味が味わえるのだ。

『ロンリィセカイ《論理異世界》』のプレーはこちらから!

相乗効果を狙った
綿密な世界観構築

――本作は異世界を舞台にした推理ゲームとなっていますが、作品の舞台を異世界とした狙いとは?
 キャラに"特殊能力"を持たせたかったからです。ミステリーにとって"特殊能力"は推理のフェア・アンフェアを揺るがす危険な劇物なのですが、自分の中ではそれ以上に"独特な展開をもたらすエッセンス"として考えており、それらが有効に使われている作品も大好きでした。

 今作はトリックの独自性を強めたかったので、それらの特殊能力を有効に使ったプロットを考えてみよう、と。そしてトリックの解明を邪魔しないよう、能力を持ちつつできる限りわかりやすい世界観設定を……と考え、今人気の異世界転生を題材に世界観を作りました。やや安直だったかもしれませんが、自分の書きたい方向との相性もよかったので良好な感じにまとめることができたと思います。

――登場人物の際立った個性や設定が非常にユニークであり、またそれが物語上でもうまく絡み合い機能していました。キャラクター構築で特に意識した部分というのは?

 「絶対に記憶に残してやろう」と考えながらキャラを作りました。自分はキャラの名前を覚えるのが苦手で、見た目か名前が地味なキャラが出るとどうしても名前を覚えられません。そんな経験があったため"見た目も名前も性格もどこかおかしいキャラ"にすることでできる限りわかりやすいキャラづけにしました。極端すぎて面食らう方もいたかもしれませんが、面食らわないキャラづけにするよりは格段に初見のインパクトを強くできたのではないでしょうか。

 また、作中ではできるだけキャラクターに鬱々とした会話をとらせず楽しい会話を多めにさせるように心がけました。そうしたほうがプレイヤーを楽しい気分にさせやすいですし、ギャップで後半のシリアスな場面や伏線回収も際立つかな、と思ったからです。

▲キャラクターの見た目はインパクト抜群! 舞台が異世界だから違和感もなし。

『ロンリィセカイ《論理異世界》』のプレーはこちらから!

自分の作風を活かして
ストーリー&システムを考案

――これまでに推理物(ミステリー)の作品を手がけたことはあったのでしょうか?
 いくつか推理ゲーム用の構想は練っていましたが、本格的に公開できたのは今回が初めてです。普段は小説投稿サイトでコメディノベルを書く活動が主で、自分の中心的な作風もコメディ系だと思っております。

 『ロンリィセカイ』と同時期にノベルの中でミステリーのパロディを作中に組み込んだことはありますが、それもミステリーと呼ぶにはふざけた要素が多いものでした。この作品が他の討論ゲームよりコメディ要素が多めなのも、自分の好きな作風に寄ったのが主な要因といえます。

――論理形式による真実を暴いていくシステムが非常に小気味よく、種類もいくつかあり手に汗握るものでした。これらをまとめあげるのは、けっこうな苦労があったのではないでしょうか?

 確かに、ストーリーに組み込む作業が苦労しました。元々は作業量の面でアイテム選択式だけのできるだけシンプルなシステムにしようかとも思いましたが、推理パートが長くなった本作では「単体のシステムだけだと飽きやすい」と思い、いくつか特殊なシステムを入れ込むことを決めました。システムを作ること自体は「推理を邪魔しないシンプルなものにする」と決め、ありもののみで低コストに作ることを心掛けていたので比較的スムーズに完成できました。

 ただ、ストーリーに入れ込むとなるとタイミングや話の流れをそのシステムに持っていくよう軌道修正が必要でした。システム独自の討論も台詞がなかなか思いつかず、システムを作るよりそちらのほうに難儀した記憶があります。やはりミステリーものはストーリーが一番の難題ですね。

▲本作のメインともいえる、犯人を捜し出す"査問会"のシステムは、物語の展開によって様々な形式のものが登場。きちんと推理しながらプレイすると実に清々しい気分になれる。

『ロンリィセカイ《論理異世界》』のプレーはこちらから!

続編も構想中!
気長に待っていただければ……

――今回は第一章だけということでしたが、第二章以降の制作の予定はありますでしょうか? あのメンバーたちが今後どうなっていくのか、非常に気になります。
 現段階で伏線となる要素は配置してますし大まかな展開なども決めており、続きを制作する予定はあります。ただ、詳細なトリックなどが作るのに手こずっているため、作れたとしても大分お時間をいただくことになるかもしれません。現段階でも「あのキャラがすごいことに!?」などの楽しい展開を考えておりますが……ネタバレになるので詳しく言えないことをお許しください。

 笑える驚きや戦慄する驚きなど様々な驚きを配置し、いろんなキャラにも深みを持たせようと自分のペースで頑張っておりますので、しばらくお待ちいただけると幸いです。あと、だれかよいネタください(笑)。

――最後に、読者に向けてメッセージをお願いいたします。

 まずは本作を遊んでくださった皆様、応援してくださった皆様全員に多大な感謝を。皆様の温かい感想をいただけて、とてもありがたかったです。
 次にこれから遊んでみようと思っている討論ミステリーが大好きな皆様。この作品は様々な作品へのリスペクトをふんだんに配置しつつお約束からちょっとズレた雰囲気を持つ作品です。この作品特有のズレた感覚で皆さまのハートを掴めるよう頑張ったので、ぜひお楽しみください。

 そして討論ミステリーが初めての皆様。どうかこの作品で討論ミステリーの面白さを少しでも体験できればいいな、と思っております。そしてあわよくばここを足掛かりに色々な討論ミステリー沼にはまってみてください。
 ワザとらしいまでにオマージュや変なノリが色濃い作品ではありますが、自分ができる限りのことを詰め込んだゲームなのでめいっぱい楽しんでくださいね!

▲第一章の終わりでは、お約束どおり犯人が処刑される。このシーンを見届けた人なら、続編の登場が楽しみになったハズ!

『ロンリィセカイ《論理異世界》』のプレーはこちらから!

ロンリィセカイ《論理異世界》

プラットフォーム:RPGアツマール
ジャンル:討論ミステリー
配信日:配信中
価格:無料
対象:一般

その他の記事

  • 新着順
  • 人気順
ロード中
記事がありません

おすすめコミック